簡単でも油断は禁物な本人確認書類

消費者金融や銀行カードローンなど、最近ではパソコンやスマホから申し込むことの可能な手軽にできるキャッシングも増えています。

キャッシングに必要となるものは多くはありませんが、どの金融機関でも本人確認書類はかならず必要になります。

本人確認書類として代表的なものには運転免許証があり、顔写真が付いているため免許証さえあればほとんどの金融機関で本人確認が完了しますが、免許証を持っていない方の場合にはパスポートなど顔写真付きの書類が求められることもあります。

健康保険証のような顔写真がついていない書類を提出する場合には、1つだけではなく住民票など数種類の本人確認書類が必要になるので、素早くキャッシングを行ないたい方は各金融機関で必要なものを確認し、あらかじめ用意しておくようにしましょう。