ビジネスローンは短期間ならファクタリングよりコストが低い!

法人や個人事業主にとって、運転資金を急遽調達する必要に直面することがあります。現在では、負債にならない資金調達方法としてファクタリングが注目されているものの、手数料が高いという問題があります。結果的に支払期日まで期間が短い状況でファクタリングにより、数%から20%近い手数料が発生すると損失になります。

このような場合、一日当たり、月当たりの手数料に換算すると貸金業者からの融資よりも高く、結果的にビジネスローンの方が無駄なコストを抑えて資金調達が出来てしまいます。先ずは、短期間の資金を調達する場合、安易にファクタリングを選択するのではなく、貸金業者を選択する方が良いと言えます。年間20%の金利と1回20%の手数料を比較すると結果は明白です。